トップページ > オススメ賃貸物件 > 【賃貸アパート】関根コーポ202号室(越谷市南町1丁目)

【賃貸アパート】関根コーポ202号室(越谷市南町1丁目)


image_pdfimage_print

オール洋室にリフォーム!!広めの2DKアパート♪

キッチン・ユニットバス・洗面台 平成29年交換済✨

東武スカイツリーライン 蒲生駅 徒歩19分

🍎関根コーポ 202号室(角部屋)🍎

外観①

鮮やかな水色の外観 🙂

全世帯数は4世帯小規模アパート

フリーレント1ヶ月付なので初期費用を抑えられます♪

~賃貸条件~

♦敷金なし ♦礼金なし ♦フリーレント1ヶ月

更にアップルハウスにて直接お申込頂いたお客様限定!仲介手数料無料でご案内します♪

~初期費用概算~

♦敷   金 0円

♦礼   金 0円

♦初月賃料  0円

♦初月共益費 1,000円

♦家財保険料 15,000円

♦保証委託料 26,500円

♦鍵交換費用 16,200円

♦仲介手数料 0円 ※弊社で直接お申込頂いた方限定

♦総   額 58,700円

初期費用を抑えたい方はぜひご検討下さい(*^▽^*)

~室内写真~

玄関① シューズBOX

玄関を開けてまず目に入るのはグリーンのアクセントクロス♪

シューズBOXは玄関をあがってすぐ左側に設置

DK①

DKは約8帖分とゆったりとした広さ(フローリング)

キッチン(新品)

キッチンは平成29年に交換済です!!

DK③ DK⑤

DKは真ん中のお部屋になりますが、キッチンの窓から差し込む陽の光と

南側洋室から差し込む陽の光で明るいお部屋となっています。

洋室(南側)②

南側洋室についてもアクセントクロス仕様

爽やかな室内を演出しています♪

洋室(南側)④  洋室(南側)⑦

バルコニー側の窓は特別サイズ★

大きな窓でとても開放的に感じます

洋室(南側)⑥

DKとの引き戸を開ければLDKのようにも使えます

洋室(南側)収納

収納スペースも1間分に天袋付です

和室①

北側のお部屋は洋室というよりか和洋室といったテイスト(和風の洋間ということで)

平成29年に畳のお部屋からフローリングのお部屋へ変更しました♡

和室②  和室④

北側のお部屋といっても角部屋で2面採光となっているので、暗い印象にはなりません♪

和室③

和室(収納)

収納の襖については茜色で可愛らしくおしゃれな印象にしてみました♪

洗面所

洗面所は平成29年にシャンプードレッサーへ更新済☆

モザイク柄のクッションフロアがポイントです♪

洗濯機置場1 ユニットバス5

洗濯機置場とユニットバスの写真

平成29年に交換したばかりのユニットバスはピカピカです✨

窓もあり風通しも良好♪

トイレ

トイレも洗面所と同じモザイク柄♪

関根コーポは即入居OK!!

カップルさん、母子家庭さんなどご相談ください★

お問い合わせはアップルハウスまでどうぞ🍎

アパート平成29年室内大幅リフォーム済✨

関根コーポ202号室52,000円

住所 越谷市南町1丁目
交通 東武スカイツリーライン蒲生駅徒歩19分
建築構造 木造2階建て2階部分
賃料 52,000円 間取り 2DK
更新 管理費(共益費) 1,000円
敷金
(保証金等)
なし 礼金 なし
保険等 15,000円(2年間)単身世帯18,000円(2年間) 築年月 昭和63年6月
専有面積 43.74 m2 バルコニー面積
現況 空室 引渡し 即引き渡し可
駐車場 近隣確保(2台分契約可能) 保証会社 要加入
物件の特徴
  • 日当たり良好
  • 南向き
  • 角部屋
  • 閑静な住宅街
  • フリーレント
設備
  • 窓シャッター
  • フローリング
  • ガスコンロ設置可
  • 給湯
  • バス・トイレ別
  • シャワー
  • 洗面化粧台
  • シャンプードレッサー
  • 室内洗濯機置場
  • 下足箱
  • 駐輪場
  • 収納スペース
備考

・諸条件ご相談可能

・即入居可能物件のため、いつでもご案内可能です

物件の地図を表示する

[contact-form-7 404 "Not Found"]

プライバシーポリシー

個人情報とはお客様の住所・氏名・連絡先(メールアドレス・電話番号・FAX番号)により、個人を特定できる情報を示します。

個人情報の利用について
お客様よりご提供いただいた個人情報には、弊社からのお問い合わせの対応のみに利用します。
個人情報の取得について
お客様よりご提供いただいた個人情報につきましては当社が責任をもって管理し、第三者への漏洩は一切致しません。
個人情報の管理について
個人情報への不正なアクセス、または個人情報の紛失、改ざん、破壊、漏洩等の危険に対して、技術面及び組織面において合理的な安全対策及び予防措 置を講じます。

ページのTOPへ